着物のお手入れお直し承ります

花想容では年に2回、12月と6月にきもののお手入れキャンペーンを実施しています。

この時ですと、着物の丸洗いや洗い張りなどが割引価格でご利用になれます。ですが、急に汚してしまった場合や、落ち着いてご相談されたい場合は、キャンペーン以外のときでもお持ち下さい。

お仕立て

花想容では通常は国内手縫い仕立てで承っております。

浴衣や長襦袢、お急ぎの品は、国内ミシン仕立てが可能です。

他店やネットショップでお買い求めの品をお持込いただくのも歓迎です。ご来店の前に一度メールでお問合せ下さい。他店でお誂えの寸法をお持ちの方は、念のためお持ちいただくとよろしいかと思います。料金詳細についてはお問合せ下さい。

仕立代の一例

小紋、紬、色無地 お仕立て代 27,000円(税別)

名古屋帯 芯入れお仕立代 10,000円~(税別)

自宅に眠る白生地を見つけたら

小紋や色無地に染めてみませんか?

地紋が派手だったり大柄立ったりした場合も、地紋を生かして羽織などにするとステキな場合があります。シミがあったり黄色くなっていても大丈夫です。染め替えもできます。花想容にお持ちになる前にお問合せフォームから来店日時をご予約いただくとありがたいです。

染め代の一例
無地染め 湯のし込み 10,000円(税別)
絞り染め 湯のし込み 30,000円(税別) 色を入れずに白の巻き上げの飛び柄で小紋を染める場合。
絞り染め 湯のし込み 50,000円(税別) お好きな色を入れて巻き上げの飛び柄でを紋を染める場合。

染め替え

柄に思い出があり気に入っているが、色が派手になってしまった着物は、柄だけを生かして地色を染め替えることができます。刺し色なども調整しますので、柄だけが目立ったりすることもありません。お見積もりもご相談も無料ですので、お気軽におもち下さい。

写真は、赤い着物の地色(上)の地色をボルドーに染め替えた例(下)。

浴衣や着物のあまり布で、草履や下駄の鼻緒をおつくりすることができます。生地の長さは20センチ以上でも作れますが、40センチあれば生地を継がずに作れます。加工費5,000円(税別)

下駄や草履の台は別途料金がかかります。

無地のあまり布をお持ちでしたら、生地を生かして素敵な利休バッグを作ることができます。利休バッグはひとつあると礼装にも使えて便利です。加工にかかる日数は約1ヶ月です。生地は側面両面分で50センチ以上が必要です。加工費は25,000円(税別)

着物の余り布をそのまま使う場合25000円(税別) 約1ヶ月

写真のように刺繍を入れておつくりする場合38000円(税別)2カ月かかります。片面のポイント柄になりますが、お好みの柄で作る事が可能です。生地を持ち込みの場合の価格です。ワンポイントの刺繍柄ですと33000円より。

反物から羽織ものを作った余り布から素敵なショールをおつくりします。長さ180センチ以上あれば可能です。裏面にはお好きな色に染めた無地のちりめんを使って、表面も一部に無地が出ます。幅は55センチほどになります。加工費は18,000円(税別)