季節を感じる幸せを集めて

都会では都会ならではの季節の感じ方がある。
中央線の窓越しに桜吹雪の舞う神田川を眺めたり、
セミの声に誘われて神楽坂の神社に迷い込んだり、
クリスマスの夜に表参道で降りてくる雪にであったり。
都会は季節を感じにくい場所ではあるけれど、そのことが逆に季節を強く意識させることもある。

花想容は、目白の住宅地に大正時代からひっそりと佇む小さな庭を有した日本家屋です。
決して広くはないけれど、季節ごとに表情を変える庭と落ち着いた空間、おいしいお茶と和の小物や着物、
本来、日本にあるべきはずの季節感を集めて、お客様をお待ちしています。

しとしとと雨の降る日は、雨の集まる庭を見ながら過去を振り返る場所。
桜の咲くのにちょっと早くても、目を閉じれば春の香りが感じられる場所。
どうか最初はお好きな本を抱えてゆっくりと、花想容にお越しください。
きっと、今あなたのいる季節を感じていただけるはずです。